トップに戻る
企画物テキストに戻る

 

3月20日! あれ? 君たちお笑い芸人? と思ったら変身ヒーロー? なぁんだ私はてっきりしゃがty(略)

344様送別会、WON様快気祝い in京都!!オフレポ

 

のお時間がやってきました〜。

今回の出演者

DS隊長――「仲間の為ならどこでも行くゼ!!俺はヒーローだからな!」単身名古屋在住、生粋の寂しがり屋のヲタク

344様――「スペインにはアニメとかないんですよぉ」ちょっと可愛いお兄さん、でもやっぱヲタク(笑)

スパルトイ様――「黒のコートに迷彩柄のズボンの、男前です」考え深い、爽やかお兄さん、でもやっぱヲタク(笑)

カヲル――「私はヲタクじゃないですよぉ〜」が口癖の可愛い可愛い女の子!エヘ!(プロ注:やっぱりヲタク(要反転)

(WON様)――「スイマセン。遅れます……」真面目なお兄様。でも今回はお会いできませんでした…。

 

にてお送りさせて頂きます。(出演者のご紹介は、私の偏見になっております 笑)

17時、待ち合わせ場所に集まる。連休の京都の街は、かなりの人で「ゴミのよう」でした。

344さんからお電話。

 

344:「今向かっています!!スイマセン!!」

カヲル:「え、今どこですか??」

 

344さんがどこにいるのか分からないまま、DS隊長が電話を切り

DS:「344を探せ!!だぜ!!」

こんな人ごみの中、見つかる訳もないと思ったら、

すぐ見つかりました。なんて分かりやすい…。

さてさて、隊長、344様、スパルトイ様のメンバーが揃い、

「監獄居酒屋  ザ・ロックアップ京都」

暗い階段を下り、

「入り口ここかなぁ〜?」

「ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」

そこは恐怖の館でした!!!なぜ入り口にお化け屋敷が!?もうやだぁ〜!!

怖いので、DS隊長を無理矢理先頭にしました。やっと入り口に到着。

 

(*‘▽‘)ノ<「いらっしゃいませ〜!皆様一列にならんで下さい。」

(*゚ー゚)ノ○-○「先頭の方は手錠をかけさせて頂きます!」

 

DS:「ええ!?オレ!?」

隊長が、隊長がミニスカポリスに連行されてるぅ〜!!激写したかった!!

344さん、スパルトイさんは、ニヤニヤしておられました。

「初犯、4名さま連行いたしますぅ〜!!」

我々4人の囚人は、牢獄に入れられました。

!!!」

まず自己紹介から。自己紹介は長いので却下。

そして、なぜそうなったか分からないですが、皆様が皆様にお土産渡しタイム。

「これは、八幡の特産品、走井餅です。」とても美味しかったです!

「ポルトガルの教会のロザリオです。」あ〜これで悪魔を倒せます!良かった。

一同「わ〜い!有難うございます〜!」

「これは、妖怪けむりです。手から煙がでる物です。」

一同「……………??カヲル君…??京都山科の特産って、これだったんだね…。」

 

 ――「妖怪けむり」それは、なんかヌルっとしたものを、親指と人差し指に付けて、指を付けたり離したりすると不思議な煙が出ます。

と言うものですぅ。(説明できません…ちなみに山科の特産ではありません)

(編集、O山プロ注:駄菓子屋さんで「ケムリ」と言う名前で売っていましたよ。)

でもまだこれは良い方でした。

「さあ、みんな変身だぁ〜!!」

「344はゴーゴーファイブのイエローだっ!!」

「スパルトイさんはロックマンだっ!!」

「カヲル君はプリキュアブラックだっ!!」

「俺は仮面ライダーギャレンジャックフォームだ〜〜〜〜!!!!変身!!!

DS隊長は皆さんにお面を配られました…。

一同「へ、変身〜〜!」

個人的に(こんなオッサンたちが、素直に可愛くお面を被ってる事が、笑えました。

そして344さんには少しお面が小さすぎた様です。

また、その姿を楽しそうに撮影している、スパルトイさんにも笑えました。

皆さんが変身した直後、模範囚(店員さん)が来られ、

「……。楽しそうですね。

そのままでおられて結構ですよぉ。(クスッ)

 

ああああ〜!!クスって!!いやぁ〜!恥ずかしい〜〜!!

――実は、隊長と少し早目に合流し、一緒に駄菓子屋さんへ皆様へのお土産を買いに行っておりました。

本当は私はエロフィギュアを買おうと思っていましたが、良いのがなくって(笑)

そんな感じで異色な場所とメンバーで宴が始まりました。

宴の話の内容は、ご想像の通り、ゲーム、漫画などそのまんまです。ですから却下。私には付いていけない程のゲーム話でした。

 

 

ワイワイと、楽しくお話している最中、

「ふはは。」

DS隊長?

「唐獅子から画像が送られてきたぜ。」

見せて頂くと、何がなんだか分からない画像が…。

 

唐獅子:「今日は休みだから、30分毎にメールを送ってやる。」

 

とのことで、様々な(グフとシャアザク(?)を戦わせている唐さんとか、今にも殴られんばかりの唐さんとか)が送られてきました(笑)

そこで、電話してみよう〜!となり、お電話を。←すいませんでした!!

皆様は代わる代わるお電話を。

私は始めてあろう様とお電話しました。

 

「声、可愛いぃぃぃぃぃ!!!か、可愛いぃぃぃ!!ハァハァ。」

 

と勝手になってしまいました。スイマセン。
緊張のあまり、ちゃんとお話できなかったことが気がかりです。あろう様、スイマセン。
新しいゾイドはもう臨月に入っております。ご安心を(笑)

 

 

さてそろそろ宴の時間も終わりに近づいてきました。

すると………

「緊急事態発生!!!!モンスターウイルスが漏れ………」

と店内放送が!

一同「な、なに!?」

各個室から悲鳴が聞こえてきました。

突然モンスターが私達の部屋へ!!!

「ぎゃぁ!!近寄らないでぇぇぇぇ!!!」

ほんと、もうここヤダよぅ〜〜〜!!

皆様も普通の顔されてましたが、内心動揺されていたご様子でした。

ハァハァ、何とか変なイベントが終わり、帰ろうかとしたその時!

「お客様で、送別会をされておられます。」

とまた店内放送が。

「私達の事じゃないですよね!?ね!?」

とアセアセしていると、

「主役の方はどちらですかぁ〜?」

と、ムクムクっとしたネコなんだか、なんだか分からないモンスターが乱入し、344さんを中心に、記念撮影をしてきました。

「はい。思い出にどうぞ!」

とチェキの写真を手渡された344さんの、萎えた顔と言ったら(笑)

な、なんて店だったんだ………。と脱力しながら店を後にしました。

 

監獄編終了。

 

トップに戻る
企画物テキストに戻る

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー